Menu

テイメンについて

テイメンについて / 会社概要 沿革

毎日の暮らしに
天然コットンの心地よさを。

テイメン株式会社は、1942年の創業以来、天然の綿花100%を原料とし、 国産で良質なよいものをお届けするため昔から変わらない機械と製法(あとざらし方式)で、脱脂綿を製造しています。
“安心できる”製品づくりを心掛け、日用品から医療用まで、様々なコットン製品を製造しています。 テイメンのコットンは、上質な天然コットン100%を使用した、ふんわり柔らかな優しい肌触り。毎日の暮らしに天然コットンの心地よさをお楽しみください。

天然コットンは
人にやさしく、地球にやさしい。

コットンは、天然繊維で安心・安全な上、繊維の中でも特に肌触りが良いことから、「人にやさしい繊維」として活躍しています。 また自然の植物ですので、世界中の綿花畑で大量の二酸化炭素を吸収し、きれいな酸素を生み出しています。 その上、廃棄しても環境に対する影響がほとんど無いことから、「地球に優しい繊維」としても注目されています。
私たちにとってすばらしい自然の恵みであるコットンを、テイメンは製品として形にしています。

会社概要 沿革

会社概要

<商   号> テイメン株式会社
< 所 在 地 > 〒712-8011 岡山県倉敷市連島町連島110-35
TEL(086)444-5155 FAX(086)444-5120
<業   種> 繊維製衛生材料(脱脂綿)製造業
<取扱品目> 医療脱脂綿、ベビーコットン、化粧コットンなど
<創   業> 昭和17年(1942) 5月
<設   立> 昭和26年(1951) 6月
< 資 本 金 > 1,000万円
<従業員数> 50名
< 代 表 者 > 代表取締役社長  岸本 将幸

沿革

昭和17年(1942)5月 現在地にて個人創業
昭和26年(1951)6月 帝国衛生材料株式会社を設立
本社を岡山市上石井に新設
昭和32年(1957)5月 社名を帝国綿業株式会社に変更
本社を岡山市弓之町へ移転
昭和39年(1964)7月 本社を岡山市富田町へ移転
平成13年(2001)4月 社名をテイメン株式会社に変更
本社を倉敷市連島町へ移転
平成14年(2002)5月 工場を増築、原料倉庫を新築
平成15年(2003)10月 本社事務所を新築
平成17年(2005)8月 薬事法の改正により日本薬局方脱脂綿(医薬品)が医療機器に移行するに伴い、 医療機器製造業ならびに医療機器製造販売業の許可を取得