Menu

わたづくりについて

わたづくりについて / 工場案内

水の豊かな町で
良質なわたをつくる。

テイメン株式会社は1942年の創業以来、岡山県倉敷市連島町で脱脂綿を作り続けています。連島は江戸時代末期に干拓され、明治後期に水田づくりが行われるようになりました。 コットンの製造にとって欠かせない水は、一級河川である高梁川の豊かな水源を利用しています。
暮らしの中できちんと使われるものを丁寧につくるという考えで、1950年代に製造されたカード機を使い、原料となる綿花から汚れやゴミを取り除き、その後、油分を抜き、漂白し、乾燥させます。 テイメンでは原料にこだわり昔から変わらない機械と方法で、脱脂綿を製造しています。

地球環境と
農家の方の健康を守る。

当社は水に恵まれた土地にあるため下水道を使用せず、地下水を組み上げて工業用水として利用し、自社の廃水処理施設にてきれいな水に戻し、河川に流しています。
また、製造で使用する原料は天然繊維である綿花100%で、綿花は自然の植物ですので世界中の綿花畑で大量の二酸化炭素を吸収しきれいな酸素を生み出しています。 そのうえ再利用が可能で、廃棄しても環境に対する影響はほとんどありません。 さらにオーガニック栽培された綿花を主体として使用することで地球環境と農家の方の健康を守ることに貢献しています。

工場案内

天然綿花だけで、ふっくらしたものからうすいもの、柔らかいものからこしのあるものまでさまざまな脱脂綿をつくりだします。

綿花

綿(原綿)

世界各国から厳選された綿花を輸入します。綿花は天然繊維ですので、産地や気候、品種により様々な特徴を持っています。

混打綿工程

綿(開綿)

用途に合わせて数種の綿花を調合し、圧搾されている綿花をほぐしながら、混在物(種子、葉、茎等の天然異物)や塵埃などを除去します。

すき綿工程

綿(シート)

すき綿機(カード機)の表面に巻いてある針布の作用によって綿をすきほぐし、繊維をそろえ、薄いシート状にします。また、短繊維や混在物を除去します。

巻取工程

綿(生綿)

薄いシート状の綿を、用途に合わせた厚みに積層します。(すき綿機の台数の増減で調整)積層した綿を綿しめ機でしめた後、ロール状に巻取ます。

精錬漂白工程

綿(晒綿)

巻取った綿を釜に詰め、脱脂、漂白、水洗いを行います。綿の繊維の表面はオイル成分でおおわれていますので、脱脂をすることによって綿の油分を取り除き、吸水性を持たせることができます。

乾燥工程

綿(原反)

綿を釜から取り出し、脱水機で水分を取り除いた後、ロールをほどいて蒸気乾燥機にて乾燥します。乾いた綿を再度ロール状に巻取ったものが原反となります。

加工工程

綿(製品)

原反を用途に向けて色んなサイズに裁断し、計量して包装します。